足を細くしたいのであれば、座り方を変えてみるのがいいかもしれません。

なぜなら、間違った座り方のままでは、血液やリンパの流れが悪くなり、骨盤が歪んでしまうから。

もちろん、そうなってしまうと脚が太りやすくなるので気をつけてください。

ちなみに正座って、脚を太くするとか言われていますが、実はこれは誤っています。

間違った正座のままでいると、やはり、血行不良を引き起こすので足がを太くなる可能性があります。

ですので、正座をするなら正しい姿勢でなければいけません。

正座のポイントとしては、姿勢を伸ばすというのを意識するといいでしょう。

姿勢を伸ばすせば、それで血行不良や骨盤のゆがみを回避できますからね。

つまり、座っている時に前屈みになってはダメということです。

これは椅子に座る場合も同じです。

足を細くしたいなら、座る時も姿勢を意識しないといけません。

ただし、長時間、同じ姿勢で座っていると血液の流れが悪くなりますので、その対策としては、ストレッチをすることです。

ストレッチを行えばそれで血液の流れが改善されますので、足が太くなりづらくなります。